イメージ

OMソーラー

屋根で集熱して、床下に蓄える。

OMソーラーとは

太陽の熱で床暖房と給湯をする

私たちにとって最も身近なエネルギーであり、どの家の屋根にも同じように降り注ぐ太陽の熱。OMソーラーはその太陽の熱をそのまま利用して、床暖房や給湯に使います。床暖房や給湯と並んでOMの特徴として、「換気」があります。OMが運転していれば常に新鮮な空気を取り入れる事ができるので、OMソーラーの家は「呼吸する家」ともいえます。OMの様に、太陽や風などの自然エネルギーを建築に取り入れ、そのエネルギーを「そのまま」活かす方法を「パッシブシステム」といいます。家そのものが呼吸し、熱を巧みに使う、この自然を使った技術は、四季を通して真の心地良さをおとどけします。

ライン

OMソーラーのしくみ

冬の昼間のしくみ図

冬の昼間

冬の昼間、軒先から入った冷たい空気は、屋根に降り注ぐ太陽の熱によって徐々に温められます。この空気がハンドリングボックスに集められ、小型のファンの力を借りて床下に送られます。空気は、床下に広がり、コンクリートに熱を蓄えさせながら、室内へと流れ出ます。夕方、外気温が下がり始める頃から、昼間蓄えられた熱が放熱を始め、床を温めます。

夏の昼間のしくみ図

夏の昼間

暖房の不要な夏の期間は、太陽の熱で温められた空気は、昼間、貯湯槽内の水を温めることに利用されます。その後、余った熱は夏排気ダクトから屋外へと排出されます。

夏の夜のしくみ図

夏の夜

快晴の日の雲のない夏の夜は、放射冷却現象を利用して、涼しい外気を室内に取り込みます。冷房のようにはいきませんが、寝苦しくない夏の夜を、と考えられたしくみです。

吹き出し口PHOTO

吹き出し口

立ち下がりダクトPHOTO

立ち下がりダクト

ライン